カテゴリー
カラダチェック パーソナルトレーニング

腰痛〜お腹周りの筋肉〜

腰痛は誰しも経験した事がある身体の不調ではないでしょうか?
長時間の立ち仕事、座り仕事による痛み、女性なら生理周期にくる痛みなどなど腰が痛むポイントは人それぞれだと思います。原因となる場所も違い、骨なのか、筋肉なのかによって治療方針も変わってきます。
今回は腰痛第1弾ということで、お腹の筋肉と腰痛の関係について書いていきたいと思います。

👉腹筋

腹筋(ふっきん)は一つの筋肉だけではなく、いくつかの筋肉からなります。

○外腹斜筋

1番表面にあるお腹の筋肉で、肋骨から骨盤の恥骨についています。体幹を前に曲げたり、横に倒したり、捻ったりする時に使われます。

○腹直筋

良くシックスパックと言われる筋肉で、恥骨から肋骨や胸骨に溶いています。体幹を前に曲げたり、腹壁に力を入れる筋肉です。

○内腹斜筋

腹直筋の横にある筋肉で骨盤から肋骨についている筋肉で外腹斜筋と繋がっています。内腹斜筋も体幹を前に曲げたり、横に倒したりする時に使われます。

○腹横筋

この4つの中で1番深い場所にあり内蔵に近く、骨盤から肋骨に付いています。お腹の緊張を高め、腹部の内蔵を圧迫します。

腹筋と骨盤の動き

The human spine image is realistic.

主にお腹の筋肉はこの4つから構成されています。どれも骨盤から肋骨に筋肉がついているのがわかります。なのでお腹の筋肉のバランスが悪いとそれぞれの痛みを伴います。


原因1
骨盤は脊柱の骨が繋がっており、お腹の筋肉が弱っていると骨盤を丸めることができず、背中の筋肉(脊柱起立筋、広背筋)が強く緊張し、反り腰の原因となってしまいます。


原因2
また、お腹の筋肉に力が入りやすかったり、姿勢が原因で腰が曲がってしまい、伸ばされて負荷がかかってしまい痛みが出てしまいます。

原因3
体幹が弱くブレていると腰椎のバランスが取れなくなり椎間関節の痛みを伴います。
以前紹介した肩関節周囲炎も肩のインナーマッスルが弱くなると、関節に痛みが出るように、腰も脊柱の関節の一部なんです。

まとめ

腰痛があると意外と腰の筋肉の緊張が原因だと思いがちですが、根本的な原因はお腹の筋肉だったり、骨盤の動きなどが関係している事があるんです。トレーニングで少しでも骨盤の動きを良くしてあげることで腰やお腹の筋肉のバランスが整い、余計な負荷を軽減する事ができます
FUNOVAでは腰痛に対してのアプローチをマッサージや鍼灸だけではなく、トレーニングを通して提供できるのでぜひお困りの方は一緒に改善していきましょう

今回は腰痛と腹筋の関係性を簡単にご紹介しましたが、まだまだ腰痛の原因はたくさんあります。肩甲骨の動きだったり、頸椎、胸椎の関係などなど。。。
今後も腰痛についてご紹介していきたいともうのでよろしくお願いします。

お問い合わせ・ご予約

体の不調やトレーニングに関することなどお気軽にお問い合わせください。

自由が丘店

お電話でのお問い合わせ 03-6421-3363

平日  :10:00〜21:00
(最終受付20:00)
日・祝 :10:00〜19:00
(最終受付18:00)
定休日 :月曜

奥沢店

お電話でのお問い合わせ 03-6883-8797

平日  :10:00〜21:00
(最終受付20:00)
日・祝 :10:00〜19:00
(最終受付18:00)